これが僕の限界です...

   

フロントの女の子をカラーしました。

「明るめが良くて、ギャルになりたい」

というなんとも言い難い意味不明な事を言っていたので、

「あんまり明るすぎて、傷んで見える髪はモテないのでは...」

と心の中でだけ思う事にしました。

僕は基本的に、髪を傷ませないことを優先しますし、上品・上質といったイメージや「大人可愛い」や「クールビューティー」と言ったキーワードを胸に日々お客様へ携わらせていただいております。

こんなイメージですね。

ただ、嬉しくもそんな僕にカラーして欲しいと言ってくれた女の子に対しては、無論全力で臨むしかありません。

Beforeがこちら。

そして、2時間を費やし、ダブルカラーを施してこの仕上がり。

これが僕の限界です。

プラチナアッシュです。

こういった、カラーに名前をつけることを少し恥ずかしがる僕ですが、染められた本人は、

「マジちょーキレイでテンションあがるんですけどー」
とすっかりギャルでした。

ハイトーンでダメージした毛先に心を傷めつつも、少しでも、上品に見えるように。できる限りクリアにカラーをみせたかったのです。

喜んでいただけて良かったです。

ちなみに今季の僕のオススメは、少し柔らかくくすんだバイオレットです。

よろしくお願いしますm(__)m

最後までお読みいただいてありがとうございますm(__)m


 - HAIR CARE