休日だからこそできる、自分の”最旬”と、向き合う。美容師の休日。

   



撮影。






表現したい何かがあるから。

見てもらいたい技術があるから。

僕がどう言った美容師なのか伝える手段として行っています。

なぜか美容と料理は似てる気がすると僕は思っていて。

例えば、シェフがお店にあるメニューを作りお客さんに提供することとは別に。

新しい味の組み合わせや新作メニューを、営業してない厨房で、好きな音楽をかけて、私服で、黙々と楽しく開発している。





あーでもない、こーでもないと。



真剣に楽しく。






世の中にはたくさんのヘアスタイル写真がある。

様々な目的と、一人一人個性あふれる(はず)の美容師がそれを創って、様々なカタチで世に送り出している。

少なからず存在していると思いたい、僕が創ったヘアスタイルを好きだと言ってくれる人の為に、齷齪と撮影に勤しみたい。

そんな気持ちのいい休日でした。めちゃんこ暑かったですが。

実際撮った作品はまた。
今日関わってくださった全員に感謝しています。


 - BLOG