必読!!5月から始める、髪と紫外線講座 vol 1

   

澄み切った空、新緑の葉っぱ達が、爽やかな風にゆらいでいる5月。

半袖のシャツを着た人が表参道を歩きながら、降り注ぐ陽射しを眩しそうにしている姿をよく見かけます。


降り注ぐ、陽射し。


かれこれ美容師になって8年になります。この季節になると、サロンの中から、

あの目に見えないはずの、

UV-BやUV-Aが、



お客様が日頃丁寧にケアしている大事な髪を、



美容師が丹精込めて作ったヘアデザインを、

ぶち壊そうとしている様をみて、心を傷めております。

さて。

紫外線を浴びるとどうなるのか?

まずこんな顔になるでしょう。

髪もこうなります。


髪に関係のある紫外線は2種類です。

UV-AとUV-B

最近はロングUV-Aなるものも発見され皮膚に被害をもたらしますがまず、とにかく、

敵はUV-B。

敵が攻撃してくるのは、

➀キューティクル

そして

➁色

➂地肌

キューティクル

髪の表面にあるキューティクルが傷むことによってわかりやすく髪はゴワつききしみやひっかかりを感じるようになります。

髪の色をつくるメラニン、そしてヘアカラーによって染まった色味(染料)をダイレクトに攻撃して、すぐにキンキンの抜けきった色にしてしまいます。
地肌

こちらは間接的ダメージ。日焼けした肌をそのままにしておくと、活性酸素の影響で、放置した油のシミが黄ばむように、頭皮を黄ばませ、保湿力や弾力を低下させます。

活性酸素のダメージを受けた地肌からは、秋口、エイジング毛が生えてきます。


今回は紫外線が髪と地肌に及ぼすダメージについてでした。

vol.2では対策とスペシャルな、ケアについてです。



 - HAIR CARE