自分が1番成長すると思うのは人に●●●する時だと思う。

   

先輩から、何かを教わるときは、真剣にみるし、真剣に聞く。

でもそれだけではダメで、すぐに自分で実践すること。教わったことを思い出しながら自分に落とし込んでいく。

ここで終わってしまったり、我流に走ってしまうのは少し違くて、まずは素直に吸収する。

そして、確認というか、ほんとに自分な染み込んで扱えるようになるかは、



後輩にそれを自分が教える時だと思う。


 技術(切り方とか)はもちろん、伝わっているか、わかりやすいか。

素直にそれがカタチにできているか。自分より未熟な人にある程度理解してもらえるように、真剣に聞いてもらえるようにしなければならないと思う。

始まりに自分が先輩から教わった時のように、彼らは真剣に吸収しようとしてくれているはずだから。

その後輩が、上手く出来るようになったらひとまずいいのかもしれない。教える事で自分は確認し直して新たな発見を得られるかもしれない。

その先はどうだろう。

 

今日も精進します。


 - BLOG