29歳になった際の備忘録として、一筆。

   

もっと歳上だ思ってました。という声の方がわりと嬉しいタイプです。


年々自分の誕生日というものに対して、関心が薄れていくなぁと思いながら、昨日29歳になりました。

まだ29とかもう29とかあまりよくわかりませんが、レストランでコース料理を戴きながら、出てくる一皿一皿を味わい、一緒に食べている妻と共有できるようになりました。
違う人間なので全く同じに感じるということではなく味や言葉や時間を一緒に楽しむことができるといった意味になります。

本当にこの人で良かったと思える瞬間の1つでした。

年を重ねたからというわけではありませんが、最近は、「丁寧に」とか「大切に」とかを心がけて生きています。
今までよりもさらにということになりますが、何事にも当てはまることだと思っているからです。
そして、なんとなくそっちの方が良いからではなく、

「自分の心身の健康や平穏のため」にです。


食べるものや身につけるもの立ち振る舞いや、時間の使い方、家族や大切な人たちに対しての言葉の選び方。
髪を分けとったり、梳かしたり、切ったり1つ1つの動作もそうです。

そんなことを意識していると新しく気づくことや、解ることが意外に多くあったりします。

そうすると嬉しくなって、もっと「丁寧に」、「大切に」になれます。これは良い繰り返しだと密かに満足しています。

最近は、ブログを書くことを激しくサボっていました。

FBのタイムラインをみてどんどん書く気力が失せていました。
ただひたすら無心で続けることができる人もいれば、本当に楽しんで書いている人もいるかもしれないし、お客様や特定の人たちへ宛てた手紙のつもりで書いている人もいるようです。
頑固で天邪鬼なところあるんだなーと変な発見もしました。

適度にブログは書きつつ、丁寧に、真摯に、美容師という仕事を求めていきたいと思います。

お読み頂き、ありがとうございますm(__)m


 - お知らせ, コラム